エゴと傲慢に満ちた人類を変革するためにやってきたインディゴチルドレン

彼らは物事の本質を見極める目を持っています。

しかしそうでない大人の中で育ったために思春期は困難な時期でもありました。

その困難や苦労をまだ抱えている方もいるでしょう。

本当はピュアで生きたかったであろうが難しく大人の傲慢に振り回され、今でも心優しい彼らは傷ついています。

もし傲慢に振りまわっているとしたらそれは権力者に対抗していることで、弱い親にも強く権力を振るうとしていたらまだ彼らの本質を自身がわかっていないことになります。

洞察力があり、心の内を読んでしまうことができるために、言わなくても黙っていても読んでしまいます。

うまく行っているときは良いのですが、思うようにならないときは自己価値が低くなってしまいます。

この年になると会話は少なくなりますが、それでも心がけて話を聞いてあげることをおすすめします。

それだけでも心の負担や不安などがすくなくなります。

子の素晴らしい価値を一番良く知っているのは親です。

どんなの子であっても親は一番の理解者であってほしいものです。

それこそが一番の救いであり、それに拠って自立ができるのです。

なにかとうるさいなあと思うことを言われたとしても、自慢していたとしてもそれは認めてほしいという願いなのだから、立派に成長したねと 言ってあげれば良いことで、逆に親に意見を言ってコントロールしようとしたら 親の思い、望んでいることはそれではないことを伝えましょう。

大事なのは思いやりであって子も親に思いやりを持つことは大事なこと。

親子は死ぬまで親子なのだから思いやりは一生なのです

アルカヒーリングサロンのレッスン・ワークショップ情報

レッスンはこちら

一瞬にして夢をかなえるワンコマンドワークショップはこちら

電話でのお問合せ

静岡市清水区アルカヒーリングサロンお問合せ 「ホームページを見ました!」とお電話ください。 お電話は8時〜21時ごろまで受付けております。 施術中の場合もありますので留守番電話に伝言をお願い致します。確認次第、折り返しのお電話させて頂きます。 090−9129−7487

 メールのお問い合わせ

24時間受付させて頂いております。ささいなお悩みでもお気軽にお問い合わせください。 ご返信は出来るかがり早目にご対応をさせて頂きます。1日以内には必ずご返信を致します。

内容